用語一覧

百鬼異聞録について

ステータス

基本技 

画像

覚醒していない式神が持つ効果のこと。

気絶 

画像

「永続的~」と書かれているバフ(犬神の心身練鍛など)や覚醒カードは消えない。

気絶中に表示される数値は復活までに必要なターンを指していて、時限値増減効果の影響を受ける。気絶するとその式神のカードは使えなくなるが例外はある(犬神の帰心、桃の精の輝く桃花)。

形態変化 

画像

形態変化前に受けたダメージは回復し、バフ・デバフ・鎧・脆弱効果は引き継ぐ。

形態変化のカードは覚醒より強い効果を持ったものが多い(気絶で解除されてしまうため)。

覚醒 

画像

その式神の基本技が消え、覚醒技へと変更される。

覚醒カードにある+の数値分、式神の基礎ステータスに加算され、二枚以上発動した場合でも重複して加算される。

出撃

画像

出撃は1ターンに1度、鬼火と出撃回数を1消費して行うことが出来る。

戦闘が付いているカードを使うことでも攻撃できるが、出撃とは異なり鼓舞などの影響を受けることは出来ない。

バフ・デバフ

鎧 

画像

数値分受けるダメージを軽減出来て、軽減した数値分鎧が減少する。

鎧の値は重複し、脆弱効果を受けることでその脆弱の数値分減少する(+であれば鎧、-なら脆弱)。

鎧で式神へダメージが入らなければ、ダメージを与えた時の効果は発動しない(雪女の氷嵐等)

脆弱 

画像

数値分受けるダメージが増加し、ダメージを受けることで解除される(ダメージを無効化した場合も解除される)。

脆弱の値は重複し、鎧効果を受けることでその鎧の数値分減少する(+であれば鎧、-なら脆弱)。

特殊効果

投射 

画像

鼓舞 

画像

出撃した式神に対して、数値分の攻撃力と鎧を与える効果。一度発動すると消滅する。戦闘カードでは発動しないことに注意。

誘発 

画像

相手のターン中に条件を満たした場合、自動的にそのカードを使用する効果。鬼火が無ければ発動しない(瞬発があれば発動する)。

同時に複数枚の条件を満たした場合は、自分から見て左から順に発動される。

増強

画像

対応する条件が満たされる度に効果が付与・増加していく効果。

山札にあっても強化される物と手札に無いと強化されない物がある。

運勢 

画像

サイコロを振り、指定された運勢の値以上の目が出ると効果を発動する。例)運勢4:目が4〜6なら成功。

特殊効果・状態

貫通 

画像

式神にその式神の体力を越えるダメージを与える時、越えたダメージ分プレイヤーにダメージを与える効果。

「根性」「~以上のダメージを受けない」などの効果があっても発動し、体力超過分からその式神に与えたダメージを差し引いてプレイヤーにダメージを与える。

疾走 

画像

「次の出撃時に鬼火を消費しない」効果。出撃回数は消費する。

根性 

画像

体力が2以上の時に体力を超過するダメージを受けても、一度だけ1で踏みとどまる効果。

貫通効果による超過分のプレイヤーへのダメージは防げないので注意。

遠隔

画像

反撃を受けずに攻撃出来る効果。待機区域で攻撃を発動した場合、戦闘区域には移動しない。

目眩 

画像

目眩状態の式神が、対応するカードの使用と出撃が出来なくなる効果。ターン開始・終了時などのパッシブ効果は使用可能。

目眩は付与されたターンから数えて4ターン目の開始時に解除される。

時限 

画像

自分のターン開始時にカウントが1進み、カウントが0になると対応する効果を発動する。

気絶中の式神のカウントも時限扱いであり、数値の増減効果を受ける

画像

時限を持つ式神が新たに時限効果を得た場合、新しい時限と入れ替わり、カウントも上書きされる。

タイトルとURLをコピーしました