百聞棋 全カード個別評価

赤舌

画像

序盤に左から2番目に置いてダルマなどを強化するとなかなか強い

一つ目小僧

画像

中盤以降は即死して防御反応を発動させずに死んでいく。

棺桶

画像

石鉢で良くない?

大嶽丸があるから存在が許されるカード。

寄生霊

画像

見た目はクッソいかついのに1点て。「寄生」だからそんなにデカくないのかも

(普通に優秀なのでピックしてOK)

久次良

画像

デカくなって優勝出来ることもあるかもね

てるてる坊主

画像

このカードの存在で、育ち切る前に倒すっていう戦略がとりにくくなった。

なんかあってもこいつで回復すればいいから序盤は適当に好きなものピックすりゃいいんだよ

提灯小僧

画像

鴆と対になるようにデザインしたつもりかもしれないが、

鴆は 5/3、スタッツ合計8.

こちらは 4/5。スタッツ合計が9

鴆が+X強化とはいえ序盤に負けるリスクが少なく優遇されている感が強い。

雪解け時を強化出来たらおいしい。

画像

ダルマを強化したところで

タフネス1同士で相打ちになる。

非戦闘ダメージを持つ味方を都合よく強化出来るかも疑問。

紙人形・小

画像

3/5/5バニラ。

これで荒や酒呑童子を強化出来ると思ってたけど

そんなに妖怪の世界は甘くはなかった。

紙人形侍などとギリギリ噛み合うか(?)

人面樹

画像

最初のスタッツは12/8。

会心を持っているようなイメージ。

犬神や障壁でカバー出来ると人が死ぬ。

なぜかわからないが自身のサイズが上がっていく。

なんでサイズが上がるようにしたんだ・・・。

吸血姫

画像

テキストに誤り

「防衛反応 敵1体にⅩ点」が正しい挙動。

それでも強い。

他の色の3コストよりも強い上に、

防衛反応があるので神の子で強化出来る可能性すらある

青坊主

画像

ダメージを与える法術系がそもそも強くない。高タフネス低攻撃力のカードが多いのに

タフネスを強化したところで・・・。

本体も3/7と貧弱。

神の子

画像

防御反応

①2枚が+2/+X

②他の防衛反応を持つカード2枚が「根性」を得る

(「根性」は致死量のダメージを受けても耐久が1残る。1になると働かない)

(書いてないけど)

防衛反応を持つカード2枚を準備段階終了時に+1/+1する。

なんでサイズが上がるようにしたんだ・・・。

これ本当に4コストで良いのか?

6、7コストでも喜んでピックする強さ。

単体でも終わってる強さ。組み合わさったらなおさらヤバい。

見たら取りましょう

鈴鹿御前

画像

他の妖が攻撃、法術するとその妖を+2/+1するバッファー。

・・・え、鈴鹿御前自身も強くなるの?

正気?なんでサイズが上がるようにしたんだ・・・。

他の色の4コストと比較しても強い。

右のほうに置いておこう。

桜の精

画像

テキストに誤り

X体に2点→その後にⅩ体に3点。

2点だけなので、終盤は追撃出来ることはないだろう。

御饌津や青坊主を添えたところであまり強くない。

本体のスタッツも低く、終盤以降は編成から外れていく。

白狼

画像

助力能力は使ってみると結構強い。しかも自身や周りのサイズを上げられる効果がある。

なんでサイズが上がるようにしたんだ・・・。

4コストでやっていい効果ではない。

弓のフレーバーに合わせてデザインされたのか知らんけど

助力は強すぎる。法術発動ならわかるよ。

弓撃ちながらブン殴りに行っちゃいけないでしょ。しかもどんどんデカくなるって。

アーチャーは自分でも殴りに行く時代になったんですね。

犬神

画像

所謂タンク役。

犬神が生きている限り味方の活力が働き続ける。人面樹と組み合わせると友人が減る。

障壁よりも犬神へのダメージ置換が先に行われるため、

障壁をつける場合は活力もちではなく犬神につけよう。

御多分に漏れず、こいつもサイズが上がる。

2(か4)ずつタフネスが上がっていく。

パワーが上がらなかったのは最後の良心か。

御饌津(みけつ)

画像

ケンタウロスみたいな妖怪かと思ったけど

こうやって拡大したら可愛かった。

攻撃力4以上になれないって考えたら本体の弱さがわかる。

自身の法術は弱い。あまり強い法術はいない。

もっと法術持ちが増えたらワンチャンあるかも。

蠱毒師と組み合わせたら1対2交換出来て強いかと思ったけど

タフネスが足りない場合は1回しか発動しなかった。

妖怪の世界は甘くない。

大嶽丸(おおたけまる)

画像

ただでさえ強い夕の妖を強化するのは完全にアウトでしょ。

箒神 あとで画像差し替え

画像

一番左に置いて相手の有力なカードとトレードするための鉄砲玉として。

護衛を持たない傘剣というイメージ。

画像

活力がなくなった後の貧弱なスタッツをカバーできるようになるバッファー。

細かいダメージをカットしてくれるのも嬉しい。本体性能も悪くはない。

複数枚取れれば、なかなかのサイズになる。

雪童子 あとで画像差し替え

画像

活力持ち特有の高い攻撃力をさらに強化する意味は薄い。

活力を失った後のスタッツをカバーするような継戦能力や

活力を失わなくするようなものが欲しい。

活力が消えた時の演出が派手で綺麗なのだけは高評価。

画像

ダルマに会心を持たせるのは強いかどうか考えてみよう。

法術のモーションが可愛い。

蠱毒師

画像

どうしても勝てない時はコイツで運ゲーに持ち込もう。

五里霧中で育てて頑張ると複数交換も出来る。

五里霧中

画像

呪文=法術発動

テキストに誤り

鬼火消費云々は関係なく五里霧中のレベル以下のカードが出る。

蠱毒師を育てると複数枚交換が出来るようになる。

画像

斬 画像差し替え

強化出来れば雪解け時すら食える。

鬼切

画像

神の子の防御反応(=根性)が何度も発動するってことは・・・

彼岸花はもちろん大天狗までもメタれる性能。

運営に忘れられているためか追加カードどころか既存のカードも無くなりました

そんなことあるのか・・・

運営に確認中です。

点数表

6点 強力な勝ち筋になるカード

5点、積極的にピックしたい

4点 優秀なカード

3点 普通

2点 使い方が限定的。

1点 来世に期待。次弾が出ればあるいは

0点 親を人質に取られたらピックを検討する

赤⇒青⇒黄⇒紫 の順

1コスト

黄金の羽

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 黄金の羽-2.png

5点。

初手に欲しいカード。

バンカに親を殺された人、アグロしたい人はピックしましょう。

提灯お化け

画像

2点。

基本取らなくてOKです。

兵俑がいると毎ターン大きくなるのでぎりぎり選択肢に入るか、という程度。

荒がいる時はさすがにピックしても良いでしょう。

石の槌

画像

3点。

使用に耐えうるので、しょうがなくピックすることはあります。

提灯お化けと同様に基本は荒がいるときのみピックしましょう。

画像

5点。

初手に出すと黄金の羽に上から踏まれて死ぬのでご注意を。

6tに1コストマリガン+5コストカードという動きが出来るので、それまでに出せれば仕事をしてくれます。

盤面に置いておきたいのでスタッツを上げておくことも意識しましょう。

雪玉

画像

3点。ゴリアテ。

他の1コストとほぼ相打ち以上とれるため、しょうがなくの初手ピックはありえます。

青1コストで大天狗の打点を増やせるのはありがたいところ。

氷壁

画像

0.5点(青いため+0.5点)。よほどの事故以外に場に出すことはありません。

黄金の羽に上から踏まれて終わるからです。

1コストで大天狗の打点になってくれること以外に利点がありません。

バンカ

画像

5点。

初手に欲しいカード。

1,2ピック目にダメージを負う可能性があるがそれ以降はコスト以上の働きを見せてくれます。

大きくなるだけなので他のカードとの組み合わせが悪ければ他のカードと入れ替えることも検討しましょう。

2vs2、協力プレイに関してはあまり強くないので他のカードをピックしましょう。

妖怪屋

画像

2点。

雪玉以下の性能で、初手には欲しくはないカード。

育成と酒呑童子を強化できるのが利点なので、終盤に来てくれたら何かのついでに重ねるかも、

というレベルのカードです。

傘剣

画像

4点。

1コストでタフネス6まで相打ち出来るのでコストパフォーマンス◎。

初手でもOK。中盤まで使えます。育てられたら、それはそれで便利なカード。

次の相手が傘剣を構えていたら障壁持ちを一番左に置いて返り討ちにしましょう。

石鉢

画像

3点。

鴆で強化して3ピック目に出せれば悪くないスタッツになります。(パワ―4は欲しいところですが)

早めに不知火を引けた場合などを除き、他の護衛持ちに入れ替えてしまったほうがコストパフォーマンスが良くなりやすいです。

初手でも悪くはないが、それは後ろ向きじゃないか?とも思います。

炎天の夜

画像

0点。

九命猫(リーダー)の時のみピックを検討するかもしれません。

それでも黄金の羽やバンカをピックすると思うけど。

暴れん坊

画像

2点。

キョンシー妹が5/7になっていればピックしても良いかと思います。1ピックの1巡目で良いカードをピック出来た時は2巡目でピックしてもよいと思います。

全員がレベル2になった後に出すと盤面に2/2バニラが残って暫く大変なことになるので、

ダルマが残っているうちに出すことを意識しましょう。

石鉢を2/8に強化した程度では戦況にあまり影響はありません。

2コスト

以津真天

画像

4点。

2コスト3/6(以上)と悪くないスタッツ。赤い妖や赤いダルマがいたら強く使えるためピックしても良い。

2枚場に出せるとかなり強いのですが、さすがに後半はパワー不足。一目連や荒と入れ替えましょう。

清姫

画像

5点。

2ピック目に引きたいカード。

後半にかけても 障壁を剥がす、雪童子に強い、彼岸花と相性◎

ということで仕事ができます。

天邪鬼青

画像

2点。

鎮魂で天邪鬼が飲み込まれた時のレベルと同じスタッツの赤いトークンが出るようになります。

Lv3の天邪鬼赤の下から重ねて飲み込んだ場合はLvの天邪鬼が飲み込まれてますので3コスト3/3の赤いトークンが出ます。すでに場にあるカードに手札にある天邪鬼を上から重ねた場合、レベルに関係なく1コスト1/1が出ます。

手なりでコストが余っているからと簡単に重ねているのをよく見かけますが、勿体ないので控えましょう。

低いレベルの時に使用するとしてその強化先は最終盤面に残るカードでしょうか?最終盤面に残るカードでしたら屈強なカードが多いと思います。天邪鬼青の鎮魂効果が発動しにくいはずです。

また最終盤面に残らないのであれば、強化したりしてもまた入れ替えてしまうことでしょう。

1コスト1/1はほとんど戦況にほぼ影響を与えませんし、残っても1点しか与えられず再戦になることもあります。彼岸花の対象がばらけてしまったり、後で4/4の鎮魂を仕込んだのに先に1/1が出て盤面を埋めたせいで本命が出なかった、なんてことも起こります。

周りが3コストや4コストの時に1度場に出してから素材にするのがベストかと思います。

後半までに1枚引く事が出来れば良いのでこの点数です。

山兎

画像

5点。

2ピック目に出せるとずっと仕事をしてくれます。

0コストになった妖も再度能力の対象になるためはさっさと重ねてしまいましょう。

からかさ小僧

画像

4点。

会心持ちなので姑獲鳥や天井下り、滝夜叉姫などとも相性が良いカード。

強化出来たら後半以降も使っていけます。招福ダルマで4/7にしても良いでしょう。

招福ダルマ

画像

4点。2コストで余った鬼火を活用しやすく超優秀な素材なので、見かけたらピックしておきましょう。

雪女

画像

2点。

全般的に青い妖はサイズが小さく、当たり負けしやすい上に雪女単体のサイズも小さいので無理に使おうとしてもジリ貧になりやすいです。1点ダメージも最初のダルマには効果てきめんですが・・・・・・。妖狐を引いたら入れ替えましょう。

紙人形侍

画像

3~4点

日の妖=黄色でパワー3上昇、

月の妖=紫色でタフネス3上昇、

星の妖=赤色で障壁。

夕の妖は未実装。

このカードを意識して、ダルマの色とピックを選択出来たら一人前でしょう。

どうしてもというときは月の妖=紫(タフネス3)は障壁があればそこまで攻撃の数が変わらないので優先順位を下げて外していっても良いでしょう。

キョンシー妹

画像

勝っているときは0点。

引き分け以下で2コスト5/7になります。5点。

1ピック目に引き分け以下なら何よりも優先してピックしましょう。

2コスト5/7以上に大きくなることもあります。

招福ダルマなどでパワーを6以上に出来ると相当強いですし、天邪鬼赤を使って護衛を持たせても良いでしょう。

1バンカからの2キョンシー妹が相当に強いので狙っていきましょう!

烏天狗

画像

1点。

黄色の妖が他に2体いてやっと4/6相当の護衛に。

色を固定してまで得られるスタッツが低過ぎます。

それ、山兎で良くないかと思うようなスペックです。

酒瓢箪

画像

3点。能力持ちの標準スタッツ。

5ピック目以降に飲み込んでドローしたい。

ドローする際は一度場に置く必要があることに注意しましょう。

日和坊

画像

2点。再序盤に重ねて引ければ或いは・・・・・・というスペック。

後半は育成軸で入れ替えられ続けるカードになります。

画像

5点。

見たらピックしておこう。最終場面でも強化する事が出来、使いどころに困りません。

雪童子や大天狗を出す前に強化するのも一興でしょう。

蛍草

画像

2点。

石鉢がいるからといってこのカードをピックしないようにしましょう。

2体並べると彼岸花の鎮魂を受け止める事が出来ます。

食いしん坊

画像

1点。

よく4/5以上に突っ込んでいって自爆してるのを見かけます。

強い式神を強化出来るように思えますが、ほぼ1コスト相当の4/4スタッツのカード以外のカードを場に展開できていればもっと強い盤面が構築できている筈です。強化先が先に倒されてしまうこともあるでしょう。

妖琴師と桃の精から出てきた時だけやたら強く感じます。

燈明

画像

1点。

テキストはほどんど意味がありません。

ほぼバニラだからサイズが大きい・・・・・・わけでもなく様々なカードと相打ちになっているだけなのに仕事した感を出しているカードです。

傘剣で良くない?と思える性能です。

3コスト

海坊主

画像

5点。

単純に単体のスペックが高い上に、天井下りや森羅の陣などとも相性が良い優秀なカード。

ピックしたい1枚です。

鎌鼬三太郎

画像

4点。赤い鎌鼬。

からかさ小僧やキョンシー妹、雪解け時を狙って強化できる可能性があるのでピックしておきましょう。

雪童子を強化できないなら3点。

天邪鬼赤

画像

4点。見たらピックしておきましょう。

護衛や盾をつけられる貴重なカードです。

護衛持ちを強化できるのが青兵俑なのでこの点数。

天邪鬼緑

画像

5点。

会心を持たせられる貴重なカードです。

特に雪童子に会心を持たせて、滝夜叉姫で強化していく動きが凶悪です。

適当に使用してしまうのは勿体ないのでやめましょう。その3コストで追加ドローをしても良いかもしれません。

会心持ちを強化できるのが滝夜叉姫なのでこの点数。

判官

画像

4点。

6/7のほぼバニラで優秀なサイズ。

だけかと思いきや最終局面で除去として使うこともあります。

2体いる場合は左側が能力の対象になります。(12/10のアップデートで変更になったかも)

2体ずついる場合はもっとも左にいるカードが対象になります

判官対策

磁器蛙

画像

3点。

勝っている時のみ使える鎌鼬二太郎と書くと弱く見えるかもしれないが、

本体のサイズが5/6と悪くないため差別化はできている。

書妖

画像

4点。

百聞棋ですとと6/7という巨体になっています。

おまけにドローまで供給してくれる優秀な3コスト枠。

コスト3「以上」が飲み込まれた時にドローできます。

鎌鼬二太郎

画像

3点。

黄色の鎌鼬はランダム強化です。

バンカ等、後半まで使うカードが強化されると神!

狙って強化できるわけではありませんので、「取っても良いかな」というレベルでしょう。

キョンシー弟

画像

4点。

3ピック目に出せると最終的にかなりのサイズになります。

キョンシー弟と姑獲鳥があった場合は姑獲鳥を優先しましょう。

姑獲鳥

画像

5点。本体が6/7相当で、様々なカードと噛み合うため積極的にピックしたい一枚です「。

山童

画像

4点。

大天狗や彼岸花をはじめ、非戦闘ダメージを与えてくる敵は少なくありません。

使ってみると思ったよりも場残りが良いことに驚くはずです。6/8のサイズも頼りになります。

青行燈

画像

0点。ランクマの方で頑張って欲しいところです。

ありとあらゆる3コスト6/7に必ず上から踏まれることになるけど大丈夫でしょうか?

能力は護衛のみと考えて良いでしょう。

(1,2コストと比べてそれよりは強いため1点にしても良い)

シシオ

画像

3点。(5/6 障壁 → 7/7 障壁として成長していく。)

使ってみると強さを感じるタイプでしょう。

育成軸でも不知火軸でも噛み合うのでピックしても悪くはありません。

煙々羅

画像

2点。

単体でしたらピックしません。育成持ちが複数枚いて初めてピックを検討します。

育成持ちが複数いた時の彼女のパフォーマンスはかなりのものです。

4コスト

雪解け時

画像

6点

タフネスを上げられる可能性があるカードは全て彼のために存在するといっても過言ではないでしょう!。

まずはタフネス7を目指しましょう。(3N+1のタフネス)

烏天狗(リーダー)の必殺能力との相性が良いため、

雪童子ミラーを避けやすくなります。

(避ける際は大天狗か彼岸花を狙う)

「百聞棋ねー、『雪解け時』をいかに強化するかがポイントだよな!」

って言っておくと通っぽく見えるのでオススメです。

一目連

画像

5点。

赤い妖怪のタフネスが2上がる。つまり雪解け時のタフネスが7になるということです。

雪解け時がいて荒を引けている、しかし彼岸花を引けていないという場合は外しても良いでしょう。

言わずもがな彼岸花との相性も抜群です。

森羅の陣

画像

5点。

海坊主、天井下り、天邪鬼赤(護衛)など相性の良いカードが多く存在します。

本体だけのスペックも未強化の雪解け時とほぼ同等なので単体でも悪くないでしょう。

妖狐

画像

3点。場に大天狗がいれば。

雪解け時対策としても活躍してくれる事でしょう。2枚重ねられるとかなり強力です。

彼が倒されると意味をなさないので護衛や障壁で守ることが重要です。

天邪鬼黄

画像

2点。

強いカードをさらに強くするカードです。4コストと重いのが難点です。

障壁そのものは大天狗や彼岸花、鳳凰火などの飛び道具であっさり剥がされることが多いので油断禁物です。

不動如山

画像

4点

天邪鬼赤(護衛)と組み合わせて雪解け時を強化できる可能性があるので

ピックしておく価値はあります。

場に出して放置しておいても良いでしょう。

天井下

画像

5点。

様々なカードと噛み合い、勝ち筋になってくれる上に本体のスペックも高いカード。

噛み合うカードがなくてもピックしましょう。

山風

画像

3点。

黄色の優秀なカードがそろっていれば4点。

攻撃順が後の方になるようになるべく右のほうにの方に配置しましょう。

直接攻撃を受けないように護衛をつける必要があったりと意外と手がかかります。

ターンが過ぎるごとに他の黄色のカードが敵を倒しにくくなっていくので、あくまでつなぎくらいに考えたほうが良いでしょう。

鳳凰火

画像

5点。

実質8/8護衛。優秀なスタッツです。

殆どの攻撃を返り討ちにしてくれる上にまとめて障壁を剥がしてくれます。酒呑童子デッキはサイズだけの脳筋デッキになりがちなので小回りを利かせてくれるカードは貴重です。

タフネス7の雪童子も取りやすくなります。

妖琴師

画像

4点。

赤い妖も出して来なければ5点。

ポンと出すだけでコスト以上の働きをしてくれるでしょう。

紫の妖に固定されていないため同じ紫の不知火と桃の精よりは

彼岸花との相性が良いカード。

桃の精

画像

4点。

何で赤い妖も出るんですかね・・・・・・。

能力自体は強いので後は低い攻撃力をいかに上げてあげるかが課題です。

鎌鼬一太郎

画像

4点。

紫鎌鼬。

赤いカードを雪解け時だけにして継続的に強化するためだけに存在します。

ほぼそれだけですがそれだけでも4点。

4色を使って1位を取ると3000銭もらえるのでこのカードを効果的に使って狙ってみましょう。

5コスト

画像

5点。

赤いカードを出すだけで赤いカード(雪解け時)を最大4枠を強化出来ます。

(条件が緩すぎやしないか?)

5枠のうち残り1枠を

大天狗か滝夜叉姫あたりの強力な他色で埋めることで強化が確定します。

彼岸花

画像

5点。

鎮魂持ちがいれば6点。鎮魂がいる状態で2枚引けるととほぼ勝ちでしょう。

様々なカードと噛み合います。

茨木童子

画像

3点。雪解け時を2回以上強化出来そうならピックしましょう。

大天狗

画像

6点

3点×10回はざらにばらまく。

場に青いカード出さなくても、青いカードを重ねるだけで強化してくれる謎の仕様になっている。

場所を圧迫しないので他の色にも顔を出します。

「百聞棋ねー、『大天狗』をいかに強化するかがポイントだよな!」

って言っておくと通っぽく見えるのでオススメです。

対策法は彼岸花の鎮魂で大天狗の能力に割り込んでそのまま大天狗を倒すことです。

滝夜叉姫

画像

会心持ち2体を継続的に強化する。毎ターン総攻撃力が4ずつ勝手に上昇していくようなものです。

放っておくだけで上昇したダメージが右方向へあふれ出します。

色を選ばないのも利点でしょう。

右に余剰ダメージが抜けていく能力は、滝夜叉姫が倒されるとなくなってしまうため

味方の会心持ちの攻撃の後になるよう配置には気を付けましょう。

12/10 アップデートで隠しナーフが入った

今までは戦闘開始時に会心持ち全てに「余剰ダメージを流す効果」が流す効果が適用されたが

対象が2体だけとなった。

場に出したターン終了時点でスタッツが上がるのも優秀です。雪解け時に会心を持たせたら勝利は目前です。

妖刀姫

画像

1点。(青いため)

九命猫(リーダー)の時に使えるかも・・・・・・?

その上で3枚くらい引けると強いらしいです。(強いとは言っていない)

複数枚あっても無限に盾を張ることは出来ないので

障壁がはがれた妖刀姫が大きなスタッツの相手に突っ込んで戦線が崩壊することが多い。

4コストだったらもっと使われていたかも。

判官や鳳凰火、清姫、彼岸花など、1枚で盤面が崩壊するカードも多い。

酒呑童子

画像

4点。

黄色のカードを場に展開する用の枠を使うものの、単体の成長速度は随一。

単体はただのサイズが大きい妖でしかないので

会心を持たせて滝夜叉姫と合わせて余剰ダメ―ジを流す、

護衛を持たせて相手からも酒呑童子に攻撃してもらうようにする

などのからめ手を加える必要はあります。

5点のスペックはありますが、育った雪解け時がどうしようもないのでこの点数。

兵俑

画像

2点。

天井下り、森羅の陣、赤提灯くらいしかデフォルトで盾を持っているカードがありません。

天邪鬼赤(護衛)を2枚以上引ける自信があるならピックしても良いでしょう。

また赤提灯をかなりのサイズに育てる事が出来ます。

海坊主(リーダー)時のみ5点。

かぐや姫

画像

4点

能力自体は強いものの、

育成を持っている他のカードがほぼ能力を持たない事が難点です。

2枚以上引けると一気に勝てるデッキになります。

不知火

画像

5点

早めに紫のカードを強化することが出来れば早期決着も見込めます。

レベル4以降は強くする事が出来ません。

粘り強く戦う場合は桃の精と組み合わせましょう。

タイトルとURLをコピーしました