覚コン(心の迷宮採用型) 

デッキ

S1シーズン終盤になり現環境で遊べるのも残すところわずかではございますが、現環境の犬桃ミッドレンジ、バンカコントロールに対して強く出れる覚デッキを紹介したいと思います。

※できれば最後まで見てください

画像

採用クラスカードについて

青坊主判官→回復&バーンギミック

判官の枠で特殊な点としては覚醒が2枚採用なところ。

青坊主とのギミックにおいて覚醒してるのとしてないのでは大きな差が出るところと、2コス覚醒かつ重なった場合でも1/1バフが乗るので確実に引くために2枚にしています。

書妖→ドローソース&LO防止

採用枚数がまばらなのが目立つクラスですが、1枚採用でいいカードが多いのが理由になっています。

序盤に必要になってくるドローソースと除去の開巻、墨染は2枚採用

LO防止枠の覚醒と1枚を3枚に変えてくれるカードの万象の書は両方とも3コスであり1枚採用で問題ないので1枚ずつの採用です。明心は後半におけるトップ確定要素、置けたら強いですが鳳凰にとられるサイズなので覚のコンボが成立してから置いて最後の詰めに使うのが理想です。残り1枚のカードは序盤で引いてしまった3コスカードをデッキに戻すカードとして採用しています。

覚→フィニッシャー

野球爆弾→序盤で相手の手札次第では体力8なんかも取れる除去札2枚採用

覚醒、心の迷宮→3コスながらも2枚採用、盤面を空にしながらでも確実に3レベになった時に揃えるか心の迷宮だけでも絶対に置きましょう。

強要→序盤でも使えるカードですが、後半において覚が落とされると負けに直結するので、手札をすべて見れる状況下になってから、相手のリーサル手段と除去札を削ぎましょう。

現環境における立ち回りについて

犬桃ミッドレンジ

マリガン

奪魂の筆1-2 禅心

この2枚を確実に追いましょう。こちらが先攻で相手の配置次第では斬刑もキープです。

配置次第とは犬がレベルアップしてる場合です。基本技でバフされてしまうとしばらく取れる手段がなくなるので落とせる場合は早い段階で落しましょう、書妖で手札差が1ターン目からある為問題ないです。

筆は妖刀や酒を優先して撃ちます。特に妖刀は序盤は連続攻撃とドローでアドバンテージを取りに来るのでそのダメージをカットできるのは大事なことです。

立ち回り

盤面は基本触らなくても大丈夫です。ただ序盤は覚の存在意義は、ほぼ無いので壁にするか野球爆弾があるときは書妖や青坊主を壁にしましょう。

2レベになり始めたら、まずは手札の確保。開巻でのドローと盤面に干渉し始めましょう。

特に2レベでの形態を持つ桃は落とすのが大事です、青坊主でドローする時にダメージがどうしても盤面に飛ぶので永遠にバフが重なり大きなダメージが生まれます。 

犬自身も蘇生札があるものの疾走はつかない為あまりダメージはありませんが、桃は疾走バフがあるので桃を優先して落とす必要があります。

3レベでは覚のコンボ成立が第一。

コンボさえ成立すれば、炎舞2枚でのリーサルもほぼなくなるのも理由です。ここに強要も重なれば盤面で殴り切られることもなくなります。

フィニッシュは覚醒書妖でも出来ます。ただ相手の手札がすべて見えている中で1回行動制限もついている、覚醒覚の効果によるバフも計算して殴れる時が来たら殴り切りましょう。

バンカコントロール

マリガン

斬刑2 禅心 野球爆弾1

斬刑がこのマッチにおいて重要です。その理由は禅心をいかに残すかでこのマッチの勝敗は大きく出ます。この続きは立ち回りに書きます。野球爆弾も同様の理由です。

立ち回り

構築は違うもののコントロールミラー、禅心を残し続ける意外にこのゲームの性質上最も大事なことが1つあります。

誰でも知ってると思いますが、このゲームはライフが30の時に回復判定がないのが特徴的です。このマッチにおいて強く出れるのはバンカが盤面にいることでこっちのライフを削ってくれる、それを生かすのがかなり大事になってきます。

なのでまずは盤面は空にすること、出来たらバンカに筆を撃つこと。(重ねられたら効果は消えますが他に使いどころがないので問題ないです。)

そして最初のレベルアップの順番は判官を最後にすること、先に斬刑されると禅心が貼られてしまいます。もし先に落とされた場合は禅心は使わないで持っておきましょう。覚での手札確認や斬刑出来てない場合は無理しないことが大事です。

レベル2では開巻でドローすること、もう一つ大事なことはレベル3直前でキョンシー妹を落とす、もしくは覚醒バンカを強要で戻すことで負け筋がほぼ無くなります。

このマッチの負け筋は覚醒バンカのなってる状態でのトップ連撃によるリーサルがほとんどなのが理由です。もし覚醒に干渉できない場合は、明心を貼って捨命を探すのも1つの手です。

フィニッシュは覚のコンボから殴り切るプランは無しです。バンカコンには判官やバンカで覚自体が戦闘で落とされる確率が高いからです。(トップからの奪命、連撃など)

ひたすらにバンカの行動を止めて書妖でLOして勝ちに行きましょう。

なので強要で戻す基準は 

連撃>死の宣告です

ライフに余裕がある時、連撃のリーサルがない時はこれが逆になります。

最後に現環境とこのゲームについて

長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました。

最後になぜS1シーズン終盤でこのデッキを掲載したかについてです。

最近有難いことにtwitterで百鬼について絡んでくれる方が増えてきて嬉しい限りです。

ただ人口が増えることでカードゲームとして環境に対する不満を述べる人は増えてくるのも事実です。

犬桃が一時期ほとんど環境を締めていました。

自分の場合は147試合中61試合が犬桃でした。

ただ一つ忘れていけないのがこのゲームはまだ第1弾環境ということ

当然カードプールは少ないです、だからこそこの短期間での新クラス登場

これによりまた少しずつデッキが増えていきます、1弾環境でもこのようにtier最下位でも

勝てるデッキが存在し恐らくまだ使ってないだけで、強い組み合わせが生まれることでしょう。

だからこそ毛嫌いせず犬桃は1回触って欲しい

このゲームの基礎、カードゲームの基礎を学べる良いデッキです。炎舞2枚で勝つだけと思うのは1つの考えですが、どのデッキにも上振れる要素があり、またその運要素もカードゲームの醍醐味です。

DCGだから無限に対戦相手は現れます。

でもこれがリアルで行われるカードゲームであった場合、いずれ考え方が運要素だけと思ってる人、マナーが悪い人は対戦相手が大会でない限りいなくなってしまう事でしょう。そのようにしてゲームが良くてもコンテンツが廃れてしまう可能性が出てきます。

DCGは対戦相手が現れる限り、無限に出来ますが最近話題でもあるような悪質な煽りや無駄プレイのようなものが増え、ただ初心者であるが故のミスでさえもそのように捕らえられてしまい、プレイヤーが不快に思い始め、悪循環になりゲームの民度というものが下がってしまうことでしょう。

ゲームとして楽しむためにもこの考え方を覚えておくことは大事なのかなと個人的に思います。

やられたらしょうがない、負けてるんだからしょうがないじゃない、目の前に対戦相手がいると思ってやって欲しい。ただそれだけのことです。それだけでDCGを楽しめる人はもっと増えると思います。

偉そうなことを多く言いましたが、自分は何者でもないプレイヤーなので少しだけこの文章を思い出してくれる程度で覚えてもらえると幸いです。

2回目になりますが最後まで見て頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました