式神一覧

(CVゆかな)

覚(カク) 

画像

概要

初期ステータスが2/5

基本技は自分のターン開始時に、ランダムに相手手札を公開させる

解説

相手の手札を公開させる事でアドバンテージを得られる特殊クラス

ただ戦闘のサポートはやや少なめなので、サポート役が主

形態変化後の2ダメ&2回復が魅力的なクラスで回復やバーンで戦うクラスとの相性がよく、場に残り続ければ強い。
覚を相手にするときのコツは覚に見られているハンドを優先して使い見られている状況下で強くなるカードを使わせないこと。覚の形態が入ってからは逆に見られているハンドを使うと回復ダメージが入ったり鬼火の消費が増えたりするので見られているハンドは使わない。覚醒覚で強制的に全部見られている状態は仕方ない。

読心(どくしん) 

画像

概要

瞬発(ターンに1枚まで鬼火を消費しない)             

相手式神1体を選択し、相手手札にあるその式神の専用カードをすべて公開させる。            

解説

相手の手札を一部見れるカード。                  

使い方としては、自分が青坊主を使ってるとして、禅心に形態変化したいでも相手には判官がいて次のターンには斬刑されてしまうかもしれない。そういった時の前方確認ができるカードである。 

このクラスには相手の手札を引き直させるカードもあるので、相手の脅威となるクラスをこのカードで確認してから、引き直させその脅威をなくすといったプレイも可能 

野球爆弾(やきゅうばくだん) 

画像

概要

式神1体に2ダメージ                         

その式神の公開済みカード1枚につき+2ダメージ

解説

簡易的な除去札、読心とうまく噛み合えば序盤から高スタッツを破壊することができるカード。

これを使うかどうかはデッキにもより賛否両論ある

物真似(ものまね) 

画像

概要

増強(手札の中で条件を満たすと対応する効果を得る)        

相手プレイヤーが持つ公開済みの法術カード一枚につき、盾+1。

他のカード1枚につき攻撃力+1

解説

かなり相手のデッキに依存してしまうカード法術カードが少ない相手に対しては急にデカブツに覚が化けるが、そもそもあまり覚本体で殴るプランはあまりない為、覚で殴るデッキが出てこない限り採用優先度は低めである。

霊視(れいし) 

画像

概要

5/5

相手プレイヤーが公開済みの手札を使用する時、2ダメージ&2回復

解説

レベル2の中ではかなりスタッツが高く、効果もドレインでかなり強いカード。ただ覚醒ではない為、最大限にこのドレインを活かすためには戦闘させずに場持ち優先で立ち回る必要がある。この形態変化と覚醒を重ねると相手はどのカードを使ってもドレインされ、さらにこちら側に青坊主がいると毎回AOEが発生するという強固なコンボが成立する。

強要(きょうよう) 

画像

概要

瞬発(ターンに1枚まで鬼火を消費しない)             

相手の公開済みの手札の中から最大3枚まで引き直させ、自身はカードを1枚引く

解説

レベル2ながらノーコストで1ドローできる上に、相手の見えてる脅威を取り除けるカード、強い。ただハンデスなどではなく、引直しなので2回目までに脅威を取り除きたい、3回目までいって失敗するよりかは、ある程度妥協も必要である強いが使い方の難しいカードの一枚になる。

根に持つ(ねにもつ) 

画像

概要

誘発(相手のターンに条件を満たすと鬼火を消費し自動的に使用する) 相手が味方の式神一体に対象をとって法術を使用する時、このカードを使用する。その使用者に対してその法術を使用する。

解説

長いテキストで難しく見えるが、簡単に言うと相手が味方の式神1体に対して法術を使った時にその効果を反射させるカード。鬼火さえ残っていれば相手の判官の死の宣告などを跳ね返し意表をつける。注意点としては、自動なので相手に読まれると弱いカードで使わされてしまうこと。また相手のバフは乗らずに反射なので、形態変化後の鳳凰火の鳳火でこちらは6点で除去されても、相手の鳳凰火には5ダメのまま反射されるので落とせないなどと言ったこともあるので使用する時には注意を。

また、自分のターン中に使うと永続でその効果が適用されるので爆弾のように仕込んでおいて、相手にずっと意識させる特殊な使い方もできる。

心の迷宮(こころのめいきゅう) 

画像

概要

5/5

相手プレイヤーが公開済みの手札を使用する時鬼火を1つ追加消費させる。

増強(手札の中で条件を満たすと対応する効果を得る)相手の手札がすべて公開済みの時このカードは瞬発(ターンに1枚まで鬼火を消費しない)を得る。

解説

覚のSSRカード、公開済みのカードの動きに大きな制限をかける強力な能力。1ターンの動きが大きいコントロールミラーではアドバンテージ差をつけ、アグロには弱い動きを大振りでさせることができる。ただ覚醒ではない為安定感は少し心細い。覚醒覚で手札をすべて公開→心の迷宮瞬発と言うデザイナーズコンボは強力だが、どちらもレベル3なのでコンボ成立こそ強力なもののデッキが重くなってしまうのは注意が必要。

覚醒・覚(かくせい・かく) 

画像

概要

覚醒(式神の基本技が覚醒技に変わる)               

使用時とターン開始時に相手の手札をすべて公開させる。相手が公開済みの手札を使用するたび+1+1バフが乗る。

解説 

覚の覚醒カード、今までは少しずつ手札を見ていたが、これにより相手はカードをすべて公開することになる。覚醒状態で、心の迷宮か霊視に形態変化さえできれば強力なフィニッシャーになる。心の迷宮の場合は単体で大きな制限をかけることできそのままこちらはアドバンテージ差をつけ他のカードでリーサルを取りに行き、また霊視の場合は相手がどのカードを使ってもドレインになるので、覚醒青坊主などと合わせることで、相手がどのカードを使ってもAOEが毎回飛ぶと言う強力なコンボが成立する。

タイトルとURLをコピーしました