2童子アグロ

デッキ

環境終盤ですが、もしかしたら来季も活躍しそうなアグロデッキを紹介したいと思います。

また無課金や微課金の方でも組みやすい構築ですので是非

画像

デッキについて

2童子とは茨木童子、雪童子から取られている名前です。

この構成はS1シーズン中期に今の犬桃、バンカに匹敵するほど環境上位に存在していました。そもそもなんでこの構成が上位にいたかというと、青坊主判官を用いたコントロールデッキ、鳩天バーンのような戦闘をあまりせずに勝ちに行くデッキが多くのシェア率を占めていたためです。それにより、雪童子の相手プレイヤー気絶効果を確実に通しながら、レベル3になる前に殴り切ることを可能としていました。

環境上位からいなくなった理由

犬桃の大流行により相手プレイヤー気絶に向かうために消費するカードが増えてしまったこと

これが一番の理由だと思います。例えば、犬の処理に妖刀の見切りを切らされたり、茨木童子の黒炎や豪拳を処理に使わされ打点不足になってしまうことが多くありました。

なぜこのデッキにまた可能性を感じたのか

今環境は犬桃刀火メタとして犬桃酒刀といった、鳳凰火を抜いた構築

またそれらに対してバンカコントロール、そしてそのバンカコントロールに対してアグロを仕掛ける山童を中心とした戦闘アグロなどが増えてきました。

それらの新しいデッキに対するメタデッキとして台頭できるのではと思いました。

このデッキは他同型デッキに比べて爆発力こそ低いものの、様々な盤面を処理し殴り切る力があります。大天狗による戦闘退場ギミックの使い回し、雪童子の気絶、妖刀のダメージ無効化、茨木の遠隔攻撃など。

そしてどのゲームにもおけることですが、新環境というものは環境デッキが低速化することがほとんどであり、アグロデッキの立ち位置がかなり良くなります。

何よりアグロデッキはとにかく簡単そうに見えてかなり難しく1つのプレイが大きくそのゲームを左右します。安く、そしてプレイの向上が出来るためアグロデッキにはかなり魅力を感じます。

これらの理由からこのデッキの紹介に至りました。

本題の立ち回りについて

マリガン

今回のデッキに関しては、そこまで対面デッキによって大きく変わらないです。

茨木  豪拳 1枚

大天狗 風神の一振り 1枚 暴風の主と天狗の荒風はセットキープ

雪童子 1レベ戦闘カードは全て欲しい

妖刀姫 不吉な刃 2枚 見切り  1枚

上記のカードを狙ってマリガンします。

優先順位としては

雪童子>妖刀姫>大天狗>茨木

桃がいた場合は荒風はキープから除きます。結実でサイズアップを狙われるので風神の一振りが優先されます。

使う上での基本行動

アグロデッキなので当然ですが手札が少なくなります。

バーン要素も大天狗に少しある程度なのでこのデッキで30削り切るためには、戦闘カードを如何に相手プレイヤーに通すかが大事になってきます。

そこでまず覚えておくのが大天狗の時限の使い方です。

風神の一振りで相手との戦闘を回避できますが、それを黒羽で塗り替えてしまうのはかなりの損のなります。出来るだけ風神の一振りは残しながら立ち回りましょう。

なので基本は風神の一振りを時限に残す、後半のバーンカードとして黒羽と荒風を使うこと。

次にかなり多いケースですが、鬼火残り一つで基本戦闘が残っている時に戦闘カード切るのは避けましょう。このデッキの場合戦闘カードが重なると打点上昇が見込めるカードが多いためです。相手が目眩し状態だと瞬発を得る霜舞などがその一つです。手札を消費せずに数点を与える基本戦闘はこのデッキにおいてはかなり重要なので意識しましょう。

茨木童子は可能な限り成長させたいです。

細かい処理は大天狗と妖刀が行いますが、茨木は上から踏む要因ではなく遠隔での処理と雪童子の気絶効果時の大きな打点として生存させ続けるのが理想です。大天狗の荒風後に突如八つ当たりを付与して、サイズアップした茨木が相手式神を全処理することがあるのもその理由です。

最後に

このデッキは無課金の方が組む二つ目のデッキとしても安くておすすめですし、プレイの向上にも繋がります。よかったらどこかランクダウンがしないタイミング、昇格戦やフリーマッチで1回、回してみて感覚を掴んでから是非使ってみてください!最後まで見ていただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました