青行燈

式神一覧

(CV水樹奈々)

青行燈(あおあんどん) 

百鬼異聞録の式神、青行燈に関しての概要と解説のページです。鬼火のアドによる味方式神のサポート、後半には戦闘区域で除去耐性による盤面の立て直し等で活躍します。解説:月見どんさん。

画像

概要

相手ターン開始時に、あなたが鬼火を残している場合、「灯明」を1枚手札に加える。

解説

鬼火のアドによる味方式神のサポート、後半には戦闘区域で除去耐性による盤面の立て直し等で活躍。
味方式神のよってデッキに入れる形態を変更するのも手だろう。
青行燈自体のスタッツ自体は高くないのであっさりやられる事も。

灯明(とうみょう) 

画像

概要

瞬発
鬼火を1つ得る。

解説

青行燈の主力法術。細かく使用し盤面のアドバンテージを取ったり。複数枚貯め込みOTKを狙ったりする。
青行燈自身もこのカードから恩恵を受けるので非常に重要なカード。
灯明をため込む弊害として式神の覚との相性があまり宜しくない。

青燈怪談(せいとうかいだん) 

画像

概要

デッキのトップにある3枚のカードを確認し、その1枚を手札に加える。鬼火をすべて消費して、
消費した数だけこの効果を繰り返す。

解説

鬼火を使い切り、鬼火の数+1回3枚の中から1枚選択しカードを引くことが出来る。
ドローソースとして選択式なので優秀な部類だと思うが戦闘区域に味方式神が存在しないと、
一方的にダメージを食らう事になるので使用場面を選ぶ。

幽光の火(ゆうこうのひ) 

画像

概要

青行燈が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えたとき、「灯明」を1枚手札に加える。

解説

青行燈で殴りに行くことはあまりないと思われるが、隙があれば殴りに行きたい形態。
スタッツもそれなりに有り相手式神と相打ちに持って行く事も出来るかも知れない。
序盤判官による1枚での除去も無くなるのでデッキに入れるのも一興。

百聞一得(ひゃくぶんいっとく) 

画像

概要

「灯明」を1枚捨て、味方のレベルが最も低い式神のレベルが+1する。対象がすでにレベル3の場合は、カードを1枚引く

解説

青行燈の主力法術その2。相手式神とのレベル差によるアドバンテージを得るカード。
レベルの上がった式神は強力なカードを使用出来るようになるので、早めに使いたい所。
また、味方全式神がレベル3になっていたとしても灯明とトレードでカードを引けるので腐るわけでは無い。

百物語の火(ひゃくものがたりのひ) 

画像

概要

あなたのターン終了時に、あなたが鬼火を1つ得る。

解説

青行燈の主力形態。自ターン終了時に鬼火を1つ得る形態。誘発型のカードを持つ式神と非常に相性が良い。
鬼火を使い切っても鬼火を得られるので誘発型のカードが使用出来るようになるが、
鬼火を使い切ってしまうと灯明は入手出来なくなるので注意。

不滅の火(ふめつのひ) 

画像

概要

青行燈のこの形態が気絶した時、鬼火を1つ消費して、戦場に戻す。

解説

鬼火が残っている限り復活する盾となる。
但し鉄壁というわけでもなく、鬼火が無くなれば復活は出来なくなるし、
スタッツが低いので貫通攻撃でダメージが通ってしまう。また、山兎の輪投げ遊びにも注意が必要。

覚醒・青行燈(かくせい・あおあんどん) 

画像

概要

覚醒:相手ターン開始時に、あなたが鬼火を残している場合、「灯明」を1枚手札に加える。
鬼火が消えなくなり、その上限が4になる。

解説

鬼火4つからなるアドバンテージは相当なものなので是非にも覚醒したいものである。

吸魂燈(きゅうこんとう) 

画像

概要

投射:4ダメージを与える。鬼火をすべて消費し、消費した数だけこの効果を繰り返す。

解説 

青行燈唯一のダメージ法術。ロマン砲。レベル3法術なので覚醒後若しくは灯明を貯め込んだ後に使用したい。

青行燈は味方式神によってカードを選択するのも有りかと思います。
中々面白い式神なのでぜひ使ってみて欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました