鳳凰火

式神一覧

(CV井上麻里奈)

鳳凰火(ほうおうか) 

画像

概要

2/4 鳳凰火が法術カードを使用した後に、投射ダメージ1

解説

アグロ、ミッドレンジ、コントロール、コンボデッキどんな場所にも入り込める余地がある式神

初心者から上級者まで使いやすい式神

鳳鳴(ほうめい) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティR 瞬発

解説

瞬発持ちなのでいろいろと使いどころが多い、瞬発で戦闘区に式神がいなければ3点。

戦闘区に残った残り1点を瞬発で取れる動きもレベル1からとれるのでかなり優秀。

ただ瞬発で使いすぎるとリソースがなくなりがちなので、構築はしっかり考えよう。

瑞翔(ずいしょう) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティR 

解説

全体に1ダメージとなかなか使い勝手が良さそうに見えるが、実際に使ってみるとレベル1時点だと対象がそもそもいなかったり、レベル2以降だとパワー不足だったり、使えないシーンが多い。

他のAOEと組み合わせたり、ほかにやりたいシナジーがない限りは採用してもパワー不足を感じることになるだろう。

引火(いんか) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティSR

解説

レベル1の段階でかなり優秀なカード、2点除去+3点、相手のプレイヤーに2+1ダメージと2回行くので炎舞との相性が非常に良い。

脆弱との組み合わせもかなりいいし、相手の体力5,6の式神を組み合わせ次第でおいしくとることができるのが強いところ。

焚羽(ふんう) 

画像

概要

レベル2 形態カード レアリティR

解説

単純に鳳凰火の体力が6になるので相手の除去のケアになる時点でなかなか使える、

もちろん鳳凰火の基本効果の1点も+になるので基本火力が総合的に2倍弱くらいになると考えていいだろう。

回復がないデッキでの鳳凰火の回復手段として入れておいても役に立つシーンも出てくるだろう。

覚醒・鳳凰火(かくせい・ほうおうか) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティSR 鳳凰火に覚醒効果を付与する。

解説

他の式神と違って鳳凰火の基本効果で戦闘区に1点飛ばせるので、テンポを失わずに使用できる点が強い。

ただし構成次第では使用しても全く効果を活かせなかったりするので構成を考えて採用を検討したい。

鳳火(ほうか) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティR 

解説

めちゃくちゃ便利!!鳳凰火をつかうなら2枚採用しておけば間違いないだろう。

中盤の相手の軸に式神を抑えたり、終盤の相手のフィニシャーを止めたり、どこにでも5点飛ばせるのはかなり強い。

炎舞(えんぶ) 

画像

概要

レベル3 法術カード レアリティSSR 

解説

まさにSSRレベル3といったカード、ほかの法術カードをしっかり使えてれば、2枚握っているだけでリーサルを取れるシーンもしばしば、鳳凰火の基本効果と組み合わせて大きい根性キャラも問題なく除去できる。

出雲(しゅつうん) 

画像

概要

レベル3 形態カード レアリティSR 

解説 

無限リソース。

きれいに使えたことない。

どなたか使用感お願いします

タイトルとURLをコピーしました