キョンシー弟

式神一覧

(CV高山みなみ)

キョンシー弟 

画像

概要

基本ステータスは2/9
キョンシー弟がダメージを受けた時、同じ数の脆弱を得る。

解説

脆弱:次受けるダメージが脆弱の数値分上乗せしてダメージを受ける、次の自分のターン開始時に脆弱は消失する
書いてあることはわかりづらいかもしれないが脆弱の数だけダメージを沢山受けると考えてもらっていい、つまりキョンシー弟は3ダメージを受けた場合3の脆弱を得て、次受けるダメージは本来受けるダメージに3上乗せして受けるということ。

キョンシー弟は連続攻撃に非常に弱く、脆弱はどんどん加算されていくため攻撃を受ければ受けるほど大ダメージを受けるが体力が9もあるため単発攻撃には強く場残りも良い

キョンシーパンチ 

画像

概要

自分の脆弱を攻撃された式神に移転させる

解説

キョンシーが現在持っている脆弱+攻撃力のダメージを相手にあたえる。脆弱を持っていなくてもこのカードに2の脆弱が元々ついているため最低4ダメージ保障。相手のスキをついて大ダメージを叩き込むことができる
また自分の持っている脆弱をそのまま移転させるため、自分のターン開始時でなくても脆弱をリセットすることができる
このカードを使い戦闘をしたときに受けたダメージは新たな脆弱として獲得することには注意したい

瘴気体質(しょうきたいしつ) 

画像

概要

形態ステータス3/9
キョンシー弟に戦闘ダメージを与えた式神は3の脆弱を得る

解説

キョンシー弟と戦闘した相手は脆弱3を得る為、こいつを前に出すことにより相手は脆弱を嫌って殴りにくくなる。
また仮に殴ってきたとしても次の自分のターンに1ダメージでも与えることができれば+3ダメージを与えることができるため相手は攻めづらくなる

毒気噴水(どくけふんすい) 

画像

概要

自分の脆弱を相手式神全員に移転させる。
増強:あなたのターン開始時に、戦闘区域に味方式神がいる場合このカードは瞬発を得る。

解説

このカード単体ではただ脆弱を与えるだけでなのだが、全体攻撃のカードと合わせることによって強力な全体ダメージを飛ばすことができる
このカードで同時に相手を気絶させることができればそれだけで勝ちといっても過言ではない
ただしこのカードだけに言えることではないが、復活カードがある対面には過信できない

また脆弱を移転させるという効果により、とにかくキョンシーを場に残したい場合はダメージカードがなくてもとりあえずこのカードを使い移転させれば自分の脆弱を取り除くことができる

忘れがちだが、前のターンに戦闘区域に自分の式神を出していた場合は瞬発を得ることができるので覚えておこう

待機スペースで引きこもっている相手に全体ダメージを飛ばしていこう

腫れ体質(はれたいしつ) 

画像

概要

形態ステータス4/14
キョンシー弟の脆弱はあなたのターン開始時に消えなくなる。

解説

本来自分の持っている脆弱は自分のターン開始時になくなってしまうが、このカードに形態変化していればその脆弱を持ち越すことができる
上記の毒気噴水と組み合わせたり、キョンシーパンチ等を組み合わせることにより大ダメージを与えることができる
またステータスも非常に高く1撃で落とすのは非常に困難、攻撃力も最低限の4を持っていることから戦闘能力は高め

幸せな痛み(しあわせないたみ) 

画像

概要

瞬発 誘発
あなたが攻撃されたときに、このカードを使用する

解説

間違いやすいのはこのカードのあなたとは自プレイヤーのことで、キョンシー弟や他式神が攻撃されたときに発動するわけではないので注意が必要
瞬発持ちの攻撃カードなため、あえて誘発を狙わずに犬神の悪即斬のような使い方で相手プレイヤーの顔を積極的に詰めたり、体力が大きい式神を倒すのにも役立つ

わざと盤面を空にし相手に殴らせ、誘発を発動させキョンシーが攻撃を食らい次のターンに毒気噴水を使用し全体に脆弱ダメージを付与した後に全体除去といった凶悪なコンボが存在するためLV2以降手札に持っていれば虎視眈々と狙うと良いだろう
ただし幸せな痛み 毒気噴水 全体攻撃カードと3枚必要なコンボな為何かしらの工夫が必要となりそう

屍毒体質(しどくたいしつ) 

画像

概要

形態ステータス5/14
キョンシー弟が6以上のダメージを受けた時、相手式神すべてに3の脆弱を与える。
15以上のダメージを受けた時、相手プレイヤーに10の脆弱を与える

解説

ここでいう6以上というのは1度の攻撃で達成する必要はなく、加算されて計算される
1度目に2ダメージを受け2度目に4ダメージを受けた場合でも合計6ダメージになる為発動される
しかも効果は重複して発動するため、合計12ダメージを受けた場合は効果が2回発動され6の脆弱を与えることができる
またキョンシー弟が気絶したタイミングでもダメージが蓄積されていれば脆弱を与えることができる

キョンシー弟全体の特徴だが体力が非常に高くこちらも1撃で落とすのは非常に困難
相手としては不用意に殴ることで式神全員が脆弱をもらってしまうため、なかなか倒しにくい
もちろん判官の死の宣告にはどうしようもない

レベル2の形態と違い自分の脆弱は次のターンに持ち越せないため注意

硬直アタック(こうちょくあたっく) 

画像

概要

瞬発 貫通
自信が持つ脆弱と同じ数の攻撃力を得る

解説

強力なフィニッシャーカード、自分が今持っている脆弱分攻撃力を上乗せするので10以上のダメージを出すことも可能
キョンシー弟をアタッカーとして運用したい場合は入れたほうがいいが、キョンシー弟を場持ち要因や全体除去要因と考えるた場合はピン刺しもしくは不採用にすることも考えておきたい
レベル3のカードなので序盤にくると持て余してしまうことや、脆弱をもっていないとただの攻撃カードなので運用が難しい
どんなに大きい攻撃力を得ても根性を持っている相手にはまったく無意味

覚醒・キョンシー弟(かくせい・きょんしーおとうと) 

画像

概要

+1/+1の覚醒カード
キョンシー弟がダメージを受けた時、同じ数の脆弱を得て、さらに永続的に1体力を得る

解説 

もともと体力が高いキョンシーの体力をさらに上げることができるが
わざわざカード1枚を使ってまで体力を上げたい場面があるかというと悩みどころ

タイトルとURLをコピーしました