書妖

ドロー、サポート、フィニッシャー

(CV小野坂昌也)

書妖(しょよう) 

画像

概要

全てのカードが手札に関連するという特徴的な式神。その特徴なだけあってドロー力に関してはほぼ1位タイ。彼を入れるだけで手札不足という問題はかなり解消されるであろう。その分、本人の初期スタッツは低め。特に攻撃力が1なのは痛い。

解説

試合開始時に手札を一枚引いてきてくれる。

紀行(きこう) 

画像

概要

疾走 書妖が相手プレイヤーにダメージを与えた時、カードを一枚引く

解説

鬼火を消費せずに顔を殴りつつ、カードを一枚引く事が出来るという中々魅力的な形態だが、いかんせんスタッツが低いため、序盤から盤面の主張が激しいミッドレンジやアグロ系のデッキ相手には中々出せる機会が無い。後攻かつ相手の盤面に誰も居ない時や、中盤以降で盤面が開いた隙に使って殴りに行くと良いかもしれない。ただし中盤以降に出すと本人はほぼ確定で死ぬ。

ちなみに、先行でこのカードを使って殴りに行ってもシールドでダメージを防がれるため、カードは引けないので注意。

雲游(うんゆう) 

画像

概要

瞬発 自分の手札を最大3枚まで引き直す

解説

自分の今現在の手札をマリガンするという認識で良いだろう。事故防止には良さそうだが、交換したカードが望んだ物である保証は無い上、手札が増えている訳では無い為、少々使いづらい。瞬発を使ってしまうのも地味だが見逃せない。

明心(めいしん) 

画像

概要

ターン開始時に、デッキのトップにある3枚のカードから手札に加えるカードを選べる。

解説

レベル2の形態としては標準的なスタッツになり、トップで引けるカードをデッキの上3つから選べるようになる為、悪くはない。ただやはり手札が増える訳では無いのが少しネックか。

墨染(すみぞめ) 

画像

概要

式神一体に手札の半分と同じ数のダメージを与える。

解説

汎用性高めの除去カード。レベル2に上がる時点で平均して4くらいのダメージ、手札にカードを加える事が多い式神等と組めば5ダメージも珍しくない。後方で引きこもっている式神を倒すのに有用なカードである。

開巻(かいかん) 

画像

概要

カードを2枚引く

解説

効果はシンプルかつ強力で、書妖を使う上でのメインウェポン。無条件で2枚カードを引っ張ってこれるというのは、このゲームでは非常に貴重。他の式神にも2枚以上引けるカードは存在するのだが、大抵は使いにくかったり、使いどころが制限されてしまう物が多い。書妖を使う上で外せない一品である。

聞達(ぶんたつ) 

画像

概要

手札にある他のカード一枚につき、1/1を得る。

解説

一見手札が大量にないと効果を発揮出来ないように見えるが、手札が6枚でも7/7、7枚もあれば8/8と、活躍させるための要求値は意外と高くない。10枚以上あれば神の子涙目の正真正銘の化け物スタッツとなり、倒すにはほぼ確定除去かそれに匹敵する戦闘カードが必須となる。是非最低でも1枚は採用すると良いだろう。

万象の書(ばんしょうのしょ) 

画像

概要

瞬発 ほかの味方式神のランダムな専用カード1枚を手札に入れる

解説

強いロマン性と実用性を兼ね備えるカード。勘違いする方が多いと思うが、山札から加えるのではく本当に何も無い所から手札に加える。言い換えるならば生み出すという表現が正しいか。ランダムというのは本当にランダムであり、SRであろうとSSRであろうと関係なく産み出してくる。ある意味とんでもないカードである。無課金の方でこのSSRを一度使ってみたいというのがある方はこれで欲求を満たしてみては。当然当たりもあれば外れも出てくるが、単純に瞬発で手札を2枚増やしてくれる為、聞達と非常に相性が良い。どう使っても決して無駄にはならないカードである。

覚醒・書妖(かくせい・しょよう) 

画像

概要

覚醒 デッキが切れた後、相手に延々と10ダメージを与える。

解説 

かなりロマン性のあるカードではあるが、普通のデッキで戦うときにデッキ切れが起こる事はまず無く、実用性はいかんともしがたい(少なくとも筆者は10戦くらいして一度も発動した事無いです)。やるならば特化した編成である必要があるだろう。そうなるとドローと遅延を兼ねる青坊主はほぼ必須になると思われる。

タイトルとURLをコピーしました