式神一覧

(CV戸松遥)

鴆(ちん) 

画像

概要

2/5 時限効果基本性能に持つ式神、モチーフはチンという伝説上の毒をもつ鳥らしい

解説

戦闘区を無視してプレイヤーに高いダメージを飛ばす事に貢献出来る。また攻撃カードが多く自身と他の式神との組み合わせ次第では大きく勝利に貢献出来る高い火力を持っている。他にシナジーの無い式神が構成に入ってないデッキでは少しパフォーマンスが劣るので構成はよく考えるように。

鴆の羽(ちんのはね) 

画像

概要

レベル1 攻撃カード レアリティSR

解説

他の式神との組み合わせ次第では戦闘区の式神を一方的に気絶させることが出来る。

レベル1の攻撃カードで攻撃バフが2乗る時点である程度優秀。アグロ構成の場合は是非とも採用したい1枚。

羽の蘇生(はねのそせい) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティR

解説

最後のひと押しや、序盤の事故防止等使い所が多いカード、他のドローカードと違って鬼火を1つ消費する点に注意。使うタイミングを間違えないように注意。

これがあるおかげでリーサルだったり書いてあることはシンプルだが意外と侮れないカード。

寂寥心象(せきりょうしんしょう) 

画像

概要

レベル2 形態カード 4/6 レアリティR

解説

鴆の時限効果の発動させる回数を大幅に上げることが出来るが単体では鴆自身が戦闘区に出さなければ行けないので、鴆本体を守りたい時はあまり使えない。

ただし清姫やキョンシー弟など他の式神と合わせた場合はゴリゴリ時限を進めることができる。

ワザップ的なネタにはなるが、相手の山童が怪力を使った時や、キョンシー弟の効果で脆弱がついた場合でもこの形態の効果は発動するので、今後の環境次第でメタカードとしての運用はありか?

毒蝕(どくしょく) 

画像

概要

レベル2 戦闘カード レアリティSR

解説

どんな場面でも、使えば相手の誘発や特殊効果が発動しない限り、鴆が戦闘区に残るので、攻守共に活躍する使い易いカード、このカード1枚だけでは戦闘区の式神を取り切れない場面が多いので注意。

ただし他のカードと合わせたときは、式神のダメージを無効化したり、吸血でライフを回復したり多様なコンボが組み立てれるので使い方はいろいろあるカード

覚醒・鴆(かくせい・ちん) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティSSR 鴆に覚醒効果を付与する。

解説

使用する事で一気に鴆火力が上がる。また最後の押し込みに非常に有用。鴆が覚醒しているかどうかだけで相手へのプレッシャーが大きく変わる1枚。

このカードのみだけでデッキ中の他のフィニッシュカード必要なくなるくらいの決定力はある。

甘い罠(あまいわな) 

画像

概要

レベル2 戦闘カード レアリティR

解説

最後のひと押し、回復、防御、と非常に使い易いカード、吸血条件を満たさなくても使った時大いに活躍する場面も多い、吸血条件を満たせば一気に形成逆転に繋がる1枚。

戦闘カードとして+2+2なのでそのままつかっても合格点。

毒の華(どくのはな) 

画像

概要

レベル3 戦闘カード レアリティSR

解説

高い火力を持つ攻撃カード、相手のプレイヤーへ攻撃した時もカードの効果を発動するのでかなり大きい打点を出すことが出来る決定打になるカード、レベル3カードなので採用枚数は組み合わせる式神次第。

碧羽散華(へきうさんげ) 

画像

概要

レベル3 形態カード レアリティR

解説

鴆が覚醒した状態で使用出来れば、守っているだけで勝利へ数ターンと大きくプレッシャーをかける事が出来る。レベル3なので使う隙を作る事が出来れば大きく勝利に貢献出来る。

タイトルとURLをコピーしました