妖琴師

式神一覧

(CV島﨑信長)

妖琴師(ようきんし) 

画像

概要

3/4 時限効果持ち、発動するとプレイヤーを含めた味方全てを3回復する。

解説

覚醒効果を持つ法術カードが3種類もある式神、
覚醒を付与するカードを使うと時限効果が書き換えられる。ただし妖琴師のステータスは永久に使った分だけ強化され続ける。

覚醒・入陣歌(かくせい・にゅうじんか) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティR 妖琴師に覚醒効果を付与する。

解説

使用時妖琴師の時限を-3してから書き換えるので、前の時限効果が発動してから、ランダムダメージの効果へ書き換える。

ランダムダメージ4ではほとんど役に立たない。
初期の味方全員3回復の方が役に立つ場面が多い。強制的に前の効果を発動するためには使えるが、次に書き換える時はこの効果が発動するのみなので、大きなテンポロスになる事が多いだろう。

また、桃の精などが相手にある場合は逆にデメリットなってしまうだろう。

妖琴師を育てて育てて前に出すといったコンセプトでは無い限り採用はしない方が良いだろう。

鸞弦(らんげん) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティR

解説

式神1体の時限を‐2する、選べる式神は相手の式神も選択できる。
魔狂琴心と間違えて相手の式神をお助けしないように気を付けよう。
自分の気絶している式神に対しては使用できない。

妖琴師の覚醒効果が神楽歌になっている場合、
神楽歌の時限効果が発動すると気絶している式神の復活を早められるので間接的な復活カードとなりうる。

ほんとにマジで、魔狂琴心と間違えないように、私、編集者何度も間違えて恥ずかしリタイアしてます。

大合奏(だいがっそう) 

画像

概要

レベル1 法術カード レアリティSSR 増強

解説

この対局中で発動した基本技つまり、覚醒で書き換えた時限効果すべてが発動するので、
ほぼほぼ全体3回復は初期からついている、ただし1回も覚醒カードを使わず妖琴師が気絶ばかりしている時は例外。

さすがSSRカードといったところか、増強効果のおかげで
レベル1でも十分なカードパワーを持ち、覚醒カードが2種類使われていればとんでもないカードパワーが発揮される
レベル1であるがどのレベルでも使える非常に便利なカード。

ただし覚醒カードを多めに入れたほうが強いことが多いので、入れる枚数は構成をよく考えて。
妖琴師自体の時限を減らさずに効果を発動させれので、
残り時限1でも次のターンの開始時のもう一度妖琴師の時限効果が発動するという事は覚えておくと、
戦略の幅が増えるだろう。

覚醒・神楽歌(かくせい・かぐらうた) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティR 妖琴師に覚醒効果を付与する。

解説

使用時妖琴師の時限を-3してから書き換えるので、前の時限効果が発動してから基本技が書き換わる。

時限効果を持つ式神を他に2体以上入れるのであればほぼ必須、
そうでなくても発動することで気絶している味方式神の気絶時限を短縮してくれるのはかなり強い。
言い換えると復活させるカードがない式神構成で重宝することになるという事。
またこの状態に基本技になっていることで1ターンに他の見方式神の時限効果を2回発動させたり、
どんな状況でも使えることは間違いないだろう。

基本技の回復能力がかなり高いので、切り替えるタイミングは少し考えたいが、
大合奏などが手札にある場合は急いで切り替えて一度はこの効果を発動しておきたい。
この状態のまま妖琴師を守ることができれば、後半戦で大きくバフがかかった見方式神を活用したり、
自分の状況が整っている事になっているだろう。

魔狂琴心(まきょうきんしん) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティSR

解説

相手の式神の時限効果を+2して遅らせる効果は相手の気絶時の復活時限にも有効。
また、時限効果を持っていない式神にも使用することができるので、
琴の時限短縮だけのことを考えれば鸞弦の上位互換。
相手の式神構成が復活がない場合はなかなかにぶっ刺さったりする場面があるので、
鸞弦、大合奏、魔狂琴心の中で枚数調整をすることになるか?

他の式神の時限を短縮することは出来ないので注意。

魔音乱心(まおんらんしん) 

画像

概要

レベル2 法術カード レアリティSR 誘発

解説

自発的に使えないカード。完全なトラップカード。オートなカンスぺ。
上級者同士ではカードプールにこいつがあるだけで鬼火1つで相手へのプレッシャーになることがある。

神の子や、相手のキーとなる形態変化カードを打ち消せたときは計り知れない有利を取ることができるが、
一方、酔い狂い、花信風、黄金の羽などを合わせられた場合、一方的にこちらが不利になることがあるので
手札にある場合は鬼火の調整に注意したい。

カードを使おうとした式神がしゃべっている途中で、「黙れ、私の演奏を聴け。」とねじ込んで、
相手のカードを粉砕するのは見ていてすごく気持ちいい(個人の感想です。)

覚醒・鎮魂歌(かくせい・ちんこんか) 

画像

概要

レベル3 法術カード レアリティR 妖琴師に覚醒効果を付与する。

解説

使用時妖琴師の時限を-3してから書き換えるので、前の時限効果が発動してから時限効果を鬼火を1つ得る効果に書き換える。
レベル3という事があって少し重いが、鬼火3つあれば決めきれるといった終盤には一度発動してしまえばかなり強力
大合奏等と合わせて使ってしまえば大きく有利を捲ったり、一気に勝利を決めることになるだろう。
2枚採用か1枚採用かは自分の勝利のタイミングを考えてデッキに投入を。

余韻(よいん) 

画像

概要

レベル3 法術カード レアリティSR 

解説

妖琴師の効果を発動し、ほかの式神の時限を-1する。
レベル3にしてはパワー不足か?事故の原因だと思われる。

ただし大天狗との組み合わせや、ほかの式神とのシナジーは1度発動すればそれだけでゲームが終わるコンボもある。


1枚で考えると明らかに、神楽歌の状態で妖琴師の時限効果を発動させたほうが強い。
しかし、神楽歌の状態でと考えるとほかの式神の時限効果を全体‐2することになるので活用法が見つかるかもしれない。
神楽歌の時の処理順としては、余韻の効果が発動してから式神の時限効果を‐1するので、復活した式神は時限が‐1されない。

タイトルとURLをコピーしました